読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

響け!ユーフォニアム2 #6

アニメ 最近

関西大会にて全国大会への切符を手にした北宇治高校吹奏楽部.

入学直後は誰しも夢にも思わなかっただろう「全国大会」という大きな目標をものにした黄前久美子率いる彼ら彼女らですが,今は絶賛文化祭真っ只中,つかの間の休息というわけです.

 

黄前久美子と高坂麗奈は一緒に文化祭を回り,先輩たちの教室企画を回って楽しんだり.

 

久美子と秀一の関係も付かず離れず….お化け屋敷では秀一が久美子に何か言おうとしていたのですが,果たして何を言おうとしていたのか….てか,個人的に早くこの2人は進展して欲しい.

 

風が強くなり,台風が近づいて来たことを予期させる中,麗奈にかけた一言.

「変な感じ.もう秋なのに,まだ大会の練習してるだなんて.不思議だね」

久美子が全国大会へ出場したことを実感し,夢じゃないんだ,と言い聞かせているような気がしました.

 

Aパートはここで終わりですが,正直ここまで見たとき今週はあまり話進まないのかな?と思ってました.

今まで無駄な話がほとんど無かった本作では珍しいなと思い,しかしBパートではそれが覆されます.

 

天気によって人の心は変わるものです.

Bパートでは文化祭当日から近づいていた台風が上陸.

 

台風の中帰ってきた久美子の姉が大学を辞めたいと言い出し.

抑えきれない感情に久美子は戸惑い,暴風雨の中外に飛び出し.

 

そして,台風の中偶然見つけた滝先生.

指輪,イタリアンホワイト,そして

“あなたを想い続けます”

 

意外な滝先生の一面を胸に,久美子は更に前に進み始める.

 

「私ね,滝先生が顧問で良かった」

 

最後にはあすか先輩についての描写が.

 

あすか先輩の母親?のような人物もラストのカットで登場し,来週からはようやく謎が多かったあすか先輩について触れられていくよう.

 

 

6話の素晴らしい点として,OPの入り方,そしてOPに色がついた!!!

 

これだけで胸が熱くなってしまった.

 

結局のところ,5話が至高なのは変わりがないのですが.

5話のあの素晴らしいラストから違和感無くOPに入り,そしてOPでは今まで灰色だったアニメーションに色がつき.

ただ彼らの成長を見ているだけの我々にもその実感がわき,何故か自分のことのように嬉しく感じました.

 

 

以上,ダラダラと6話の雑記でしたー.

 

ここまで書いてまた6話を見直しているのだけど,文化祭当日の演奏の演説であすか先輩のくぐもった表情もやはり何かの伏線なのかなぁと思いました.

 

おそらくあすか先輩は家庭内の問題,おそらく高3という時期に部活をしているような状況をよく思っておらず,そこに久美子が関わってくるんじゃないかなぁ.

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

最近の進捗ですが,セミナーでの発表がようやく終わり,切るべき単位の取捨選択にようやく決心が付き,冬休みまでの予定がだいたい決まり.

 

そろそろ合同説明会とか参加して就活したほうがいいのかなとか思っています.

 

そろそろお出かけしたいなぁ.

 

せっかく買ったカメラも持ち歩けていないので,暇見つけて行きたいです.

 

それでは.にゃんぱすー

 

 

 

 

 

久美子,麗奈と分かれてから緑と葉月と合流しないんだ…シフト入ってるのかな…